Tag Archives : DIY

筬通し

織り部屋の模様替えが一段落しました

糸棚の位置を変え、机を独立した位置に置き、壁側に長テーブル、お道具を並べ。。。

少しは作業がしやすくなりました^。^

 

今日は久しぶりにDIYしてみました

いままでは、筬を立てて筬通しをしていました

できなくはないのですが、筬の向こう側が見えにくいので

若干やりずらかったのです

今日作成した筬受けを使えば、筬を横に寝かせてのせ、

上から筬通しができるようになります

以前、iさんのお宅で見せていただいたもの

(木の枠の溝に筬がぴたりと美しくはまるもの)を

いつか作ろうと思っていたものです

ただ、一枚板で溝を作るのは難儀なので、

あれこれ考えているうちに、以前、余分に作って眠っていた糸棚に目がとまり

それを再加工して作ってみました

iさんのとは違ってだいぶ雑ではありますが、用は足りそうです^^;

筬通し

 

Rigid Second Heddle

リジッドを2枚綜稿可能にしてみました

メーカー違いのセカンドヘドルキットでサイズが合わず>.<

内側に取り付けられないため外側に付けることに。。

脇に穴を空けネジで取り付けただけなので取り外しは可能です

使用するには綜稿の横幅が足りないので、足かせならぬ幅かせが必要です

本当にできるかはまだ試してませんが。。

IMG_3978

 

card weaving 2

 原始機のよう..

handmade_loom
click!

 

カード織りにどれが使いやすいか試してみます

この原始機もどき、

材料は桧の端板を使いました

のこぎりで大体の形を作り、やすりを掛けて仕上げます

 

 

原始機

 

使い方は、原始機のように

経糸を張った一方の板を固定し、

もう片方の板は、左右の切り込みに紐などを引っ掛け、腰にまわして使います

経糸の張り具合を都度調整できるため

カードをくるっとするときは張りをゆるめられて便利です

カード織りだけでなく、

簡単な織り物やスプラングを作るときにも使えるかもしれません

 

(card織り用のweaving boardについて はこちら)

 

 

 

card weaving

カード織り

card weaving

 

Tokyo Spinning Partyで購入したweaving boardに

以前、カード織りワークショップで作成途中となっていた糸とカードをセット

このweaving board、前後の取り外しが簡単にできて便利です

(原始機を使用したカード織りはこちら)

 

 

 

 

 

 

card weaving suport

 

経糸をぴんと張ってカードをくるくるしながら緯糸をいれていくと

たまにカードが横に倒れたりすることがあります。

経糸をもっと張れば大丈夫かもしれませんが、

カード枚数が少ない場合は、致仕方ないのかもしれません。

ということで、カードを支えるように工作してみました。

板をはめ込んでいるだけなので、

カード枚数に合わせて支え板は横可動できます。

 

card rack

 

使わないときは、card rackに。

いただいたcardをのせて^。^

 

 

 

 

荒筬

織り機の上に取り付けて...

araosa荒筬を手作りして使っています。

作り方は簡単。

ホームセンターで購入したSPF板と丸棒を

必要なサイズにギコギコとのこぎりします。

SPF板にドリルで穴を2列に交互に空け、丸棒を打ち込みます。

 

 

 

 

 

IMG_1820

 

最後に、横ずれ防止に小さな足を両脇につけて完成。

釘を使わないダボ打ちで繋げました。

 

 

 

 

 

 

 

yarn gauge

yarn gauge意外と便利です。

DIYというほどのものではありませんが

以前、ヤーンゲージなるものを作ってみました。

1cm幅と1inc幅

紡いだ糸をくるくる巻いて、筬目を確認したりできます。

 

 

 

 

 

wool picker

こんなもの作ってみました。

いわゆる、wool picker、ピッカーです。日本ではあまり聞かない?気がします。知らないだけかも。。-。-;

海外のサイトにはよく載ってます。たいがい、ドラムカーダー扱ってるところではみかけます。

形も様々ですが、これを、、、、以前、手作りしました。

どんなものかと思い、買うのは高いし。。えぇい、作っちゃえって。

で、出来たのがこれです。

picker
click!

素材はSPF材とステンレス釘。上下の板にそれぞれ釘をだします。

上板を左右にスライドさせるため、釘がすれ違えるように位置を決め

トンカチします。釘のでる高さと向きが重要です。

でもこれ、原毛をほぐすためのものですが、

少しづつ入れないと、釘にひっかかりすぎて

動かなくなります ^。^; しかも若干重い。。。微妙~

作るの結構大変だったのにー。。。泣